オンリーワンな住宅|今の時代は注文住宅がお約束|豊富なプランに度肝を抜く

今の時代は注文住宅がお約束|豊富なプランに度肝を抜く

オンリーワンな住宅

一軒家

誤解されがちな響き

デザイナーズ住宅というと、一般メーカーの規格品では難しい要望を反映させた住宅のことです。もちろん、規格品ではないのでデザイン優先で住みにくい家ができあがることもあります。しかし逆に、いかに住みやすい作りにするかを突き詰めることができるのもデザイナーズ住宅の良さです。図面を引いてもらう建築士と納得がいくまで話し合い、実現可能な範囲で希望を盛り込んでもらえます。変わった形の土地、極端に狭い土地に家を建てる際には設計から材料選びまでその土地に合わせる必要があるので、デザイナーズ住宅は自然と土地の限られた都心部に多いようです。普通の住宅建築よりお金がかかりそうですが、予算が限られた時でも建築士の腕次第で希望に沿った家を建てることができる可能性もあります。

ライフスタイルに合わせて

規格品での家造りを行った場合、その家に合わせたライフスタイルになっていきます。なるべく多くの人たちに受け入れられるようなデザインが規格品として採用されているので、大体は問題無いはずです。しかし、どうしてもこだわりたいポイントがあって、それが規格品では実現できないものだとすれば、デザイナーズ住宅を検討してもよいでしょう。自分の生活だけに合わせた特注品がデザイナーズ住宅です。一生に一度、どうせ高いお金をかけてマイホームを建てるのですから、妥協できないこともあるでしょう。希望するデザインや設備を手掛けたことのある建築士をネット検索などで探して、その施工例も見ながら相談するのも良い方法です。まずは自分の中で妥協できること、できないことを精査してみましょう。妥協できないことがデザイナーズ住宅じゃないと実現できないとわかれば、それを得意とする建築士を探し出しましょう。